03-6868-7145

社員から反発を受けずに健康経営を導入する方法

こんにちは、メッドスターです。

こちらのブログでは定期的に健康経営に関する記事を 配信させていただいており、

『健康経営はこれからの経営において必要不可欠』

ということをお伝えさせていただいておりますが、

 

場合によっては健康経営の施策を導入したことによって、

逆に社員から反発を受けてしまうことがあります。

 

そこで、今回は『社員から反発を受けずに健康経営を導入する方法』

をお伝えさせて頂ければと思います。 この内容を踏まえておけば、

社員から 『うちの会社、またよくわからない取り組みを始めたよ…』

と陰口を言われることなく、

本当の意味で企業全体の為になる健康経営の施策を打つことができます。

 

その為に必要なコツは、 【禁止しないこと】と【段階を踏むこと】です。

禁煙、No残業、健康診断、運動等、… つまるところ、

健康経営の施策は社員の行動をコントロールするものです。

 

社員の立場からしたら、今まで短期的に楽だと思っていたことを

制限されるわけですから、当然反発は出てきます。

 

喫煙者の方に、明日から禁煙してもらうことはストレスになります。

健康経営だからと言って社内の喫煙所を急に取り払っても、

会社に対して反発心を持ち、会社の外で喫煙する時間が増えるだけです。

 

そうではなく、喫煙人口を減らす為には

まず第一ステップで加熱式タバコを社内販売で安く販売する、

喫煙所を使える時間帯を少しずつ減らす 等の施策からゆっくり初めて行くことが必要です。