03-6868-7145

社員1人当たり毎日60分の労働時間を奪うもの

こんにちは、メッドスターです。
 
今回は、【社員1人当たり毎日60分の労働時間を奪うもの】と題してお送りいたします。
 
この記事を読んで頂ければ、貴社の社員から1日当たり
約60分の労働時間を奪っている『ある』食品の正体が判り、
会社全体の生産性を向上させることが出来ます。
 
社員1人あたりの労働生産性を向上させることは
これからの日本企業にとって必要不可欠であるため、
まだ一部の企業しか取り入れていない考え方ですが、
非常に重要な概念になります。
 
その、『労働時間を奪う』食品とは、『炭水化物』です。
炭水化物は食後の血糖値の上昇率が高く、
人間は血糖値が急激に上昇することによって
眠気や集中力の低下が起こってしまうため、
 
昼間に炭水化物ばかりを摂取している社員は、
食後の時間は集中力が低下してしまっています。
 
この記事を読んでいただいているあなたにも、
お腹いっぱいに食べた後にぼーっとしてしまったり
急な眠気を感じてしまった経験があるのではないでしょうか?
 
また、白米や麺類などの精製された炭水化物は
エネルギー効率が良く体内に脂肪として蓄積されやすく
特にデスクワークが多い社員の方にとっては
メタボリックシンドロームなどの原因となり
ハイリスク社員の増加にも繋がります。
 
もちろん炭水化物も必要なエネルギー源なので、
あくまで『摂りすぎ』をやめるべき、ということになります。
 
最近の福利厚生サービスでは、オフィスに野菜をデリバリーするもの
だったり、栄養バランスの取れた食事を届けるものもあります。
 
そういったものを活用して、生産性の高い職場づくりを心がけましょう。