『かかったやつが悪い』はもう古い?インフルエンザ対策について

健康経営コンサルティング

『かかったやつが悪い』はもう古い?インフルエンザ対策について

こんにちは、メッドスターです。今年の冬はインフルエンザが大流行していますね。

今回は、そのインフルエンザに対してどう対処すればいいかについてお伝えしたいと思います。まず、大前提としてお伝えしておきたいことですが、インフルエンザの流行を許している『最大の原因』というものがあります。
それは、
手洗い、うがいの不足でしょうか?日々の体調管理が至らないことでしょうか?
いいえ、違います。
『最大の原因』は、『従業員が忙しすぎて予防接種に行く暇が無い』ことです。もちろん、会社側からすれば土日など空いている時間を使って自主的に病院に行ってくれよ、と言いたいお気持ちはわかります。
ただ、従業員の側からしても、日々の仕事が忙しすぎて平日に休みを取って予防接種に行く余裕も無い、
ましてや貴重なお休みの日に混み合う病院に行くのは億劫になってしまう。
というのが現状です。
しかし、会社内でインフルエンザが蔓延することによって一番の被害が出てしまうのは企業様側です。
インフルエンザにかかった社員だけではなく他の従業員にも拡大感染することがあれば、
単に1人分の穴が出来てしまうだけではなく、部署全体の業務に滞りが出来てしまいます。
であれば、会社側からインフルエンザ予防の施策を打つのも一つの手です。
例えば、
・業務中に近くの病院に予防接種に行かせる
・休日に予防接種に行った従業員には、有給を1日追加する
等の施策です。
社内でのインフルエンザの蔓延は、企業運営自体に大打撃を与えます。単に従業員の体調管理の甘さを責めるのではなく様々な施策を考えるのもこれからの時代の企業の在り方です。

医師が開発した、デジタル診察券・トータルヘルスケアアプリのサービス紹介ページです。
モバドクは健康をトータルマネジメント、スマートフォンに全てを記録します。

社員の健康診断結果をクラウドで一元管理できる、健康診断管理ソフトのサービス紹介ページです。
健康経営と業務効率化の両立を目指すことができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧