メタボが経営に及ぼす悪影響

健康経営コンサルティング

メタボが経営に及ぼす悪影響

こんにちは。メッドスターです。

今回は、『メタボが経営に及ぼす悪影響』と題して、
メタボの社員が多いことで経営の足かせになるものを
お伝えしていきたいと思います。

その中でもよく言われているものが、『突然の病』です。

メタボの方は、そうでない方と比べて、
2型糖尿病になるリスクが3~6倍、
心血管疾患とそれによる死亡のリスクは1.5~2倍になると言われます。

また、他にも様々な病に繋がり、突発的に人材を失う危険性があります。

そして、あまり多くは語られていないの悪影響が、
社員の『作業能率の低下』です。

メタボの方と、健康で充分な筋肉を持っている方とを比べると、
圧倒的に、後者の方が思考のスピードや作業能率が高いです。

これは、筋肉量が多い方の方が、全身を巡る血流のスピードが
早いからです。

また、メタボの方に限って、夜はお酒を飲み、
朝飯を抜き、昼飯には、ラーメンにチャーハンを付けて食べます。

これでは空腹や寝不足のせいで午前中の集中力が保たれず、
昼食後は血糖値の急激な上昇で睡魔に襲われます。

こんな状況では、仕事の能率が下がる一方です。
仮に、そんな生活をしている社員が健康体になれば、
今の1.5倍の仕事の成果を上げてくれるでしょう。

医師が開発した、デジタル診察券・トータルヘルスケアアプリのサービス紹介ページです。
モバドクは健康をトータルマネジメント、スマートフォンに全てを記録します。

社員の健康診断結果をクラウドで一元管理できる、健康診断管理ソフトのサービス紹介ページです。
健康経営と業務効率化の両立を目指すことができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧