デジタル診察券アプリで診察券は不要に!

デジタル診察券アプリ【モバドク】

デジタル診察券アプリで診察券は不要に!

財布に診察券いっぱい!

財布の中は、内科クリニック、歯科クリニックなどの診察券でいっぱいになっていませんか。

その中には、引っ越したり、病気が治っていかなくなったクリニックの診察券も多くふくまれていませんか?

角が敗れたり、汚れて一部読めなくなったものもありませんか。

診察券は必要?

なぜ、診察券は必要なのでしょうか。診察券に記載されている情報は、診療時間、休診日、電話番号、住所、診察券番号などです。

診療時間、休診日、電話番号、住所は、クリニックのホームページをみればわかりますので、必要なのは、診察券番号のみです。

診察券を忘れたときは、クリニックの受付で健康保険証を提示して受付のスタッフが電子カルテの情報と照合して本人確認します。

予約のためにクリニックに電話で問い合わせたときに診察券番号、名前を聞かれ、クリニックの事務スタッフがカルテ情報と照合して情報があっていれば、予約日時をきめて予約完了です。

そもそも、診察券番号を記載した紙やプラスチックの診察券は不要ではないでしょうか。特定の個人に発行した診察券番号をしっかり管理しておけばよいのではないかと思います。

デジタル診察券アプリ

例えば、スマホのアプリに診察券番号を保存しておいて、受診時にスマホで診察券番号を提示すればいままでの紙やプラスチックの診察券を提示するのと機能的にはかわらないですし、汚れたり、なくして再発行料をとられることもありません。

受付で提示する診察券番号がQRコードになっていて、受付のタブレットPCやスマホで読み込めれば受付時間も短縮できて便利にになります。

デジタル診察券アプリが普及すれば、受付時間が短縮できたり、クリニックの事務スタッフの業務も効率化できていいことばかりです。ペーパーレス化、デジタル化の流れで早期に普及することが望まれます。

医師が開発した、デジタル診察券・トータルヘルスケアアプリのサービス紹介ページです。
モバドクは健康をトータルマネジメント、スマートフォンに全てを記録します。

社員の健康診断結果をクラウドで一元管理できる、健康診断管理ソフトのサービス紹介ページです。
健康経営と業務効率化の両立を目指すことができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧