プレスリリース(20210329)

デジタル診察券アプリ【モバドク】, ブログ

プレスリリース(20210329)

多機能デジタル診察券アプリ『モバドク』をリリース

病院・クリニックの受付が1秒で完了

医療ソフトウェア開発の株式会社メッドスター(本社: 東京都港区 代表取締役: 上⽥ 真)は、多機能デジタル診察券アプリ『モバドク』(https://medstar.co.jp/app/)の病院・クリニックへのオンライン販売を2021年3⽉29日(⽉)より開始します。

アプリ開発の背景

昨今、様々な業界で新型コロナウィルス感染対策や効率化を⽬的としたキャッシュレス決済やテレワークなどのデジタル化が普及しています。⼀⽅で、病院・クリニックはデジタル化が進んでいません。2017年の厚⽣労働省の調べ※によると、電⼦カルテの普及率は病院全体で46.7%、クリニックが41.6%と半数にも満たない状況です。病院・クリニックの多くは従来通り紙の診察券を発⾏したり、患者が紙の問診票に記⼊したりという⾮効率な業務を⾏っているのが現実です。


このような状況を解決するため、スマートフォンでQRコードを提⽰するだけで受付が完了する、デジタル診察券アプリを開発しました。これにより、診察券の保管が不要になったり、受付時間が短縮したりという「患者の利便性の向上」に加え、病院・クリニックでの⾮接触による「感染対策」を同時に実現いたします。 ※出典:厚⽣労働省「医療分野の情報化の推進について」


多機能デジタル診察券アプリ『モバドク』概要

デジタル技術により医療分野の課題を解決し、社会全体を効率化するための多くの機能を搭載

■デジタル診察券

病院・クリニックの受付で、スマホのQRコードを提⽰するだけで受付完了。紙の診察券を持つ必要がありません。

■WEB問診票

インターネット上で問診票を記⼊できるので、受付時間の短縮が可能。作成した問診票を次回受診時にテンプレートとして利⽤することもできます。

■オンライン診療

ビデオ通話によるオンライン診療、クレジット決済機能を搭載。テレワークなどで通院できない時も、かかりつけ医を受診できます。

■医師とデータ共有

お薬⼿帳や⼈間ドックの結果を保存したり、体重・⾎圧・歩数・⾎糖などを記録したりすることで、受診時に医師が情報を閲覧して診療に活かせます。

■健康ポイント

アプリの利⽤でポイントが貯まり、病院・クリニックでのサービスに利⽤することができます。

■顔認証

顔写真を登録しておくと、急病で救急搬送される際に救急隊がタブレットPCで顔認証し表⽰された患者情報から適切な搬送先の病院を選択することができます。

会社概要

会社名:株式会社メッドスター

代表者:代表取締役社⻑ 上⽥ 真

所在地:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館921号室

TEL:03-6868-7145

FAX:03-5537-8252

URL:https://medstar.co.jp

E-Mail:info@medstar.co.jp

事業内容:医療ソフトウェア開発・販売

医師が開発した、デジタル診察券・トータルヘルスケアアプリのサービス紹介ページです。
モバドクは健康をトータルマネジメント、スマートフォンに全てを記録します。

社員の健康診断結果をクラウドで一元管理できる、健康診断管理ソフトのサービス紹介ページです。
健康経営と業務効率化の両立を目指すことができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧